美容整形外科で受ける輪郭矯正の治療

大顔の原因が筋肉の発達ならボトックス注射が効果的

ボトックス注射とは、ボツリヌス菌に含まれている毒素による局所的な神経筋伝達阻害作用によって、筋肉の収縮を抑える効果が得られる特徴を持っています。
エラの部分にあたる咬筋にピンポイントでボトックス注射を使用することで、顔の他の筋肉には影響を出さずに咬筋だけ動きにくい状態にすることが可能です。
厚生労働省で認可されている製剤ですが、ボツリヌス菌や毒素と聞いてしまうと、体に入れても大丈夫なのかと不安には感じました。
しかし治療に使用されている薬剤は、主に天然のタンパク質からできた毒素を分解して精製して作られています。
そのためボツリヌス菌の菌体や培養液の成分は一切含まれていません。
また美容整形外科で使用されているボトックス製剤は、アメリカのアラガン社のボトックス注入用の薬剤で、医療機関で利用できるように認可を受けています。
世界80ヵ国で1100万人以上が治療を受けている製品でもあると説明を受けたので、体に使用しても問題はないと判断しました。
最初は部分的とはいえ、顔の筋肉が動かなくなってしまったら表情に不自然さがでてしまったり、食事や会話に影響がでてしまうのでは?と不安に感じていましたが、カウンセリングの際に顔の機能には影響が出ないときちんと説明を受けたので安心して治療を受けることができました。

エラの張りのせいで顔が大きくみえることがコンプレックス大顔の原因が筋肉の発達ならボトックス注射が効果的痛みも無く安心して受けられるメジャーな治療方法